掛け時計とカーテンストッパー

家の掛け時計が壊れました。
掛け時計って丈夫ですよね。
電池交換も数年に一度くらい。
触れることもないから壊れることってそうそうないです。
今回壊れた掛け時計も15年間働いてくれました。

それがどうやって壊れたかというと、カーテンが掛け時計を壊しました。
小さい窓のカーテンを閉める時にいつもの調子でガサツにビシッとカーテンを閉めたところ、カーテンレールの一番端の、カーテンストッパーの役割の部分が勢い良く吹っ飛んでいきました。
そして延長線上にあった掛け時計にスマッシュヒットを決め、見事掛け時計を床に撃ち落としました。
あまりにもねらったように飛んでいったカーテンストッパー。
きっと常々掛け時計を憎々しく思い、ついに思いを果たしてやったぜというところなのでしょう。
掛け時計が無くなるとほんと不便ですね。